教育訓練給付制度

受講料金の最大20%(上限10万円)を国が援助します。
袖ヶ浦自動車教習所では、平成22年4月1日より、大型一種免許、大型特殊免許、けん引免許の厚生労働省教育訓練給付指定講座を開設いたしました。さらに、今回新たに3講座が追加され、合わせて9講座となりました。教育訓練給付制度とは、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす方が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)をハローワークから支給するものです。

 

制度の概要

●支給対象者
1.雇用保険に加入されている期間が通算3年以上の方。
2.他の給付金を受けてから3年以上経過している方。
3.雇用保険の被保険者でなくなった日から1年以内の方。
※初めて支給を受ける方の支給要件期間は1年以上。

●支給額
受講者本人が訓練施設に支払った訓練経費(上限あり)の20%に相当する額。(最大で10万円、給付額が4,000円を超えない場合は支給されません)

●支給要件照会
支給要件照会とは、訓練給付の申請に先立ち、受講開始日に訓練給付の受給資格の確認を照会するものです。ハローワークまたは訓練施設で配布される「照会 票」に必要事項を記入の上、本人の住所を管轄するハローワークに提出するとともに、「支給要件回答書」にて照会をお受けください。

 

給付金制度の流れ

①まず、確認
お客様が給付対象者か否かをハローワークで確認します。対象者である場合は「教育訓練給付金支給要件回答書」を受け取り、お申込み時にご持参ください。


②お申込み
お申込み時に必要な書類等
・運転免許証
・教育訓練給付金支給要件回答書
・印鑑
・受講料金
・眼鏡、コンタクトレンズ等
※お申込み時に、お客様のご予定に合わせてスケジュールをお組みします。

 

③教育訓練開始
スケジュールに合わせて教習を行っていきます。

④教育講座終了
教習講座がすべて終了しましたら、「教育訓練証明書」「教育訓練給付金申請書」「領収書」を交付いたします。

⑤給付金申請
受講完了1ヶ月以内に、ご自身を管轄するハローワークへ申請書類を提出してください。
※申請後、ハローワークにて支給、不請求の審査があります。

⑥給付金支給
審査終了後、ご指定の口座へ給付金が入金されます。

 

教育訓練給付金講座のご案内

指定番号121561010010

「大型一種自動車免許講座」

 (中型8t限定MT免許所持者対象)

指定番号121561010022

「大型特殊自動車免許講座」

 (普通一種免許以上所持者対象)

指定番号121561010035

「牽引自動車免許講座」

 (普通一種免許以上所持者対象)

指定番号121561220010

「大型一種自動車免許講座」

 (普通一種MT免許所持者対象)

指定番号121561220022

「大型一種+牽引自動車免許講座」

(中型8t限定MT免許所持者対象)

指定番号121561220035

「大型一種+牽引自動車免許講座」

 (普通一種MT免許所持者対象)

指定番号121561310010

「大型一種+大型特殊+牽引自動車免許講座」

 (中型8t限定MT免許所持者対象)

指定番号121561310022

「大型一種+大型特殊+牽引自動車免許講座」

 (普通一種MT免許所持者対象)

指定番号121561310035

「中型一種自動車免許講座」

 (普通一種MT免許所持者対象)

指定番号121561520010

大型一種自動車免許講座

 (中型免許所持者対象)

指定番号121561520022

大型一種+牽引自動車免許講座

 (中型免許所持者対象)

指定番号121561520035

大型一種自動車免許講座

 (中型8t限定AT免許所持者対象)

※大型一種自動車免許及び中型一種自動車免許の教習料金総額には、2,800円(仮免申請・交付料)が含まれます。
※教習料金は、規定教習時限にて終了した場合の金額ですので、教習がオーバーした場合は料金が追加されます。また、その場合の料金は給付の対象外になります。
※キャンペーン等により割引がある場合は、給付対象額が減額され、給付予定額も減額されます。

 

教育訓練給付制度検索システム

新しいウインドウで開きます